Approach 心理療法アプローチ

My Approach to Counseling & Psychotherapy

“Everything that irritates us about others can lead us to an understanding of ourselves.”

 “I am not what happened to me, I am what I choose to become.” 

 “The privilege of a lifetime is to become who you truly are.”

                                                                                                                         (Carl G. Jung)

My approach to counseling and psychotherapy is Jungian psychology (Carl Jung’s psychodynamic approach) and expressive arts/play method. Through the combination of these two frameworks, I help children, adolescents and adults in their psychological process of self-healing and personal growth. In this approach, symbols provoked through artistic work become powerful tools to help them through their own process. This counseling style of being less language-oriented is particularly helpful for younger children, those who are learning language, and those who are struggling to express themselves well in language due to their overwhelming emotional experiences or cultural expectation. Jung believed that there is an unconscious level deeper than what his previous mentor Sigmund Freud (1856-1939) claimed and distinguished two levels of unconscious. Jung called what Freud described as ‘personal’ unconscious and the deeper level of the unconscious as ‘collective’ unconscious and argued that in this level, the eternal experiences of all human beings are connected unconsciously.  Furthermore, Jung purported that there are different aspects in each person which includes persona  (= protective covering of oneself), self (= the centering function of one’s inner world), ego (= the center of the conscious), shadow ( = the unacknowledged personal characteristics, that one is not proud of),  ‘animus’ ( = women’s inner masculine side), and ‘anima’ ( = men’s inner feminine side). Jung claimed that understanding and integrating such diverse elements of individuals would lead them to becoming a whole individual and he called the psychological process ‘individuation’, which is the ultimate therapeutic goal in Jungian-based psychotherapies. Jung explained a daily interpersonal issue experienced by ordinary people using his theory of the ‘collective’ unconscious. For instance, he said; “Everything that irritates us about others can lead us to an understanding of ourselves.” This statement describes that one’s shadow is often experienced in others through the mechanism of projection. Such profound psychotherapeutic theory of Jung can apply to anyone who is seeking for personal growth and it is not only limited to the individuals who seek clinical treatment in mental health.

 

私のカウンセリングと心理療法のアプローチ 

「他人よりイライラさせられる一つ一つのことが、実は自分を理解するための大切な鍵となり得る。」

「私という人間は、自分に降りかかってきたことによって単に出来上がった一個の存在ではない。私という人間は、自分の意志で選択し、築き上げていく存在である。」

「人生の特権とは、本当の自分になることを探求することである。」

                                                                                                                               カール G. ユング

私のカウンセリングと心理療法の方法論はカールユングの心理学理論と創造的アート / 遊戯療法の理論に基づくものです。この二つの理論的枠組みを用い、子供や大人が自らの心を癒し、個人的成長を遂げるよう、心理士として支えるのが私の専門家の一つの役割と考えています。この療法的アプローチにおいては、非言語的なアートを中心とした表現から浮き彫りにされる「象徴」(シンボル)が、心や考えが前進するための強力な道具として作用します。この方法に基づくカウンセリングや心理療法は、言葉に重きを置かないため、小さい子供や言語を学んでいる段階の人々、また、自己主張をすべきではないという文化的プレッシャーに置かれる人々や、トラウマを体験し辛い心情を言葉に表現することが難しい人々等にとって、特に有効なアプローチと言えます。ユングは、師であったフロイトと同じように、無意識の世界と意識の世界がそれぞれの人間の心に備わっていると考えましたが、フロイトよりさらに深く人間の心の奥底を探ったユングは、集合的無意識という、すべての人間が時を超えて繋がっている世界があることを主張しました。そして、人間の心理の中に、ペルソナ(=自分を覆い守るもの)、自己(=内的世界を中心化する機能)、自我(=意識の中心にあるもの)、影(=誇れない自分の部分)、女性には内的男性性(アニマス)、男性には内的女性性(アニマ)、といった様々な要素が存在するとユングは考えました。それらの様々な人間の内的要素をうまく融合することによって、バランスのとれた人間的成長が見られると考えたユングは、その究極的な人間の成長の過程を「個性化」の旅と捉えました。又、人間は、こういった複雑な心の様相を抱えつつ、他人の心とも付き合っていかなければいけないため、他人にイライラしたりすることもよくありますが、そういった思考パターンも、ユングは、集合的無意識の観点から深く捉え、自分の嫌な部分「影」が、他人を通して見えてくる「投影」という考えによって説明しました。ユングのこうした深い心理療法理論は、メンタルヘルスの問題を抱える人のみでなく、すべての人間の心の成長にとって有益なものであると考えることができます。