Sandplay Therapy 箱庭療法

Sandplay Therapy 

“Do nothing well” (Dr. Hayao Kawai)

Sandplay Therapy was developed by Dora M. Kalff (1904-1990) in Switzerland in the 1950s and 1960s, based on the psychological principles of Carl G. Jung. In Sandplay Therapy sessions, clients create images using sand, water and miniatures within the “free and protected space” of a sand tray. These images help clients to bridge between the conscious and unconscious of their’ inner worlds. This dialogue between these aspects of the mind activates the healing process and the development of the personality. Sandplay Therapy is applied to both adults and children. Sandplay Therapy was first introduced to Japan by Hayao Kawai, a well-known clinical psychologist / Jungian analyst in Japan.

Virtual Sandtray: Virtual Sandtray is one option in online sessions. The details of Virtual Sandtray can be obtained from the following site.

https://www.virtualsandtray.org/

箱庭療法

「(箱庭療法士は)上手に何もしない」河合隼雄

箱庭療法は、スイス人女性ドラ・M・カルフ(1904-1990) によって、1950ー1960年代に開発された、カール・ユングの心理学理論に基づいた心理療法です。クライエントは、砂箱という「自由で守られた」心の世界に、砂、水、玩具を使い、自己の世界のイメージを描いていきます。そのイメージがクライエントの無意識と意識の世界を繋ぎ、心の奥底で、自己との対話が始まります。そして、その対話により心の癒しと自己成長がもたらされます。箱庭療法は、大人にも子供にも適した療法です。箱庭療法は英語では、サンドプレイセラピー(Sandplay Therapy)といいますが、「箱庭」という療法名は、故河合隼雄氏により名付けられました。故河合氏は、日本にサンドプレイセラピーを導入した際、日本に元々存在した箱庭という伝統的な遊びや風習とサンドプレイが似通っていたため、日本人に馴染みやすい箱庭という概念を用い、日本に「箱庭療法」を紹介しました。

バーチャルサンドトレイ:iPadをご用意いただければ遠隔でバーチャルサンドトレイ(デジタル箱庭療法)を行なうことができます。バーチャルサンドトレイについては下記のHPより詳細をご覧いただけます。HPの本文は英語ですが豊富な写真のイメージが掲載されています。

https://www.virtualsandtray.org/

Here is my sandplay room. 私の箱庭セラピールームの様子です。